アラキドン酸c20とは
老化防止

アラキドン酸c20とは

栄養バランスの良い食事を考えたり健康に良い生活を送る、というのは簡単なことではありません。
一人暮らしの独身男性は特に、自分で魚を焼いて食べるという方は少ないですし、働く女性も忙しさから外食続きになっている方も多いでしょう。
そこで、主に魚から得られる栄養の一つに不飽和脂肪酸をサポートする成分があります。
それが、「アラキドン酸c20」です。

私たちの体は不飽和脂肪酸を体内で生成することができません。
不飽和脂肪酸とは、全身の細胞膜を作り出す脂肪酸の一つで、私たちは普段食べ物から補っています。
主な働きと言えば、脳細胞への働きが注目されています。
たとえば、記憶力向上、免疫機能向上などの働きがあると、近年研究で発見されました。

若い方は体内でアラキドン酸をしっかり分解吸収するための酵素が多く、少量の摂取でも1日に必要な量を摂ることができますが、高齢の方はアラキドン酸へと変える酵素分泌も少ないため、若い方よりもたくさんの量を摂取しなければいけないのです。
アラキドン酸は、アルツハイマーの予防に良いと研究が進められているため、高齢者にとっては必要不可欠だと注目されています。

しかし、アラキドン酸c20はとても複雑な機能を持った成分であり、摂取しすぎるとアレルギー症状を引き起こしたり、逆効果となってしまう可能性があります。
1日の摂取推薦量である「約150㎎」という目安を守り、摂取していかなければいけません。
高齢者は特に、食が細い方もいらっしゃいます。
普通に食事を摂れば問題ないものの、食べる量が少ないため必然的に不足している状態となります。
その場合はアラキドン酸が多く含まれている食品を、積極的に食べる必要があります。

アラキドン酸は肉類、またはリノール酸という成分が含まれている魚、貝類、牛乳、卵などから摂取する必要があります。
肉料理を食べない、噛みきれないという方もいらっしゃいますから、適量分をサプリメントで摂取されている方もいます。
自分に合った食生活を考える、またはサプリメントで摂取することで、脂肪酸不足による症状を軽減したり、アルツハイマーの予防をすることができるのです。

アラキドン酸が気になった方はこちらhttp://arachidonic-acid.com/もご覧ください。